仕事ができないからやめたい時、どうすればいいか判断する方法

仕事ができないからやめたいと思っている人

毎日働いていると「仕事ができなくてやめたい!」と思うこともあるかもしれません。周囲に相談しても「3年は我慢しろ」「それは逃げだ」といってまともに取り合ってくれないかもしれません。

確かに必ずしも今の仕事をやめるのが得策とも限りませんが、一方で現状に甘んじずに早く行動に移した方がよいこともあります。それはどのように判断したらよいのでしょうか。

今回は、4つのケースに分類して対策をまとめてみました。仕事ができているからやめなくていい場合、仕事ができているけれどやめたほうがいい場合、仕事ができていないけれどやめないほうがいい場合、仕事ができていないからやめたほうがいい場合の4つです。

これを読めば、悩んでいるあなたの判断の助けになるはずです。それではまいりましょう。

仕事ができないからやめたいときは4つのケースに分けられる

実は仕事ができているから、やめなくていいケース

自分では仕事ができないと思っていても、実はそんなことはなくて、仕事をやめる必要なんてないこともあります。まずは、そんなパターンを見ていきましょう。

周囲のレベルが高い場合

まず、あなたが本当に「仕事ができない」のか、どれくらい仕事ができないのか、客観的に考えたことはありますか?

人はどうしても自分のことを周囲の他人と比べてどうか、という視点で相対評価してしまいがちです。そのため、本当は十分仕事をこなしているのに、周囲のレベルが高いため、自分はダメな奴だと錯覚してしまうことがあります。特に、「苦労して入った憧れの有名企業で働いている!」というような場合、あなたの周りで働いているのは選りすぐりの精鋭社員ばかりですから、入社後に劣等感にさいなまれる可能性も高くなります。

一旦、自分が周りに比べてできなかったことばかりでなく、入社してから着実にできるようになったことや、自分が比較的得意なことに目を向けてみましょう。あなたもきっとどこかで成長しているはずですし、何かいいところを持っているはずです。そのうえで、周囲に圧倒されず、自分なりになりたい自分に近づく努力をすればいいのです。

自分の目標・理想が高い場合

理想や目標を高く持って、「自分の実力はこんなもんじゃない、まだまだやれる!」と成長に貪欲になるのはとても良いことですが、思いつめるあまり仕事をやめたくなってしまっては、本末転倒です。

自分の実力の現実を知ることも、理想を掲げるのと同じくらい大切です。まずは現状を受け入れて、その上でどうやったら無理なく改善ができるか考えていきましょう。

上司の指導が厳しすぎる場合

上司から厳しく叱られたことで、「自分はダメな奴なんだ」と落ち込んでしまっていませんか?それは早計かもしれません。

もし厳しいことを言われたからといって、あなたが本当に劣っているから叱責しているとは限りません。むしろ、その上司はあなたに伸びしろを見出していて、「もっとできるはず!」とハッパをかけている可能性が高いです。

上司があなたに期待するあまり、指導に熱が入っているというわけです。あなたは期待のエースなのかもしれませんよ。

実は仕事ができているけれど、やめたほうがいいケース

実は仕事がちゃんとできている、という場合でも、今の仕事をやめたほうがいいケースもあります。

ノルマ・評価基準が高すぎる場合

達成目標が高いのはいいことですが、達成不可能なくらい高いノルマを与えられたり、それを達成できていないからといって自分の頑張りを正当に評価してもらえず、昇給や昇格を渋られるという冷遇をあなたが受けている場合、転職を考えた方がいいかもしれません。

実はあなた自体はよく頑張っていたのに、評価基準が異様に厳しかった、というケースなら、ちゃんと評価してくれる会社に行けば今よりも待遇が改善されるでしょう。あなたの転職市場での適正な給与水準や待遇がどれくらいになるのか、一回転職エージェントに相談してみましょう。記事最後におすすめのサービスへのリンクを記載しました。

仕事ができていないけれど、やめないほうがいいケース

確かに仕事ができていないけれど、次のようなケースに該当する場合、やめたからといって問題が解決するとは限りません

諦めるのが早すぎる場合

誰であっても、どんな仕事でも、仕事を覚えて一人前になるには、ある程度の期間が必要です。その間は、不慣れで覚えることもたくさんある中で、時には失敗もしながら苦労しなければいけません。まだその仕事のこと自体よくわかっていないような段階では、向き不向きを判断するのは早すぎて、正しい判断は下せないはずです。

そんな状況ですぐにやめてしまった場合、自分のどこに問題があるのかも、どんな仕事が向いているのかもわからないのですから、次の仕事選びもうまくいかないかもしれません。また、次の仕事も身に着けるまでには時間が必要なので、始めた途端にやめたいと思うことになってしまいます。

仕事のやり方に問題がある場合

仕事がうまくいかないのは、もしかしたらあなたの基本的な仕事のやり方に問題があるのかもしれません。その場合、職場を変えたとしても、また同じことが問題となって悩んでしまうことでしょう。

そんな時は転職を検討する前にまず、自分の仕事の仕方を見直しましょう。話を聞くときはメモをとる、物事に計画的に取り組む、報告・連絡・相談を心がける、など、仕事の基本ができているかどうか、もう一度見直してみましょう。

仕事ができていないからやめたほうがいいケース

では、本当に仕事ができていなくて、やめた方がいい場合はどんなときなのでしょうか。

仕事にやりがいがない、やる気が湧かない場合

今やっている仕事が自分のやりたいことと違っていたり、どうも何か違うような気がして、「こんなことがやりたいんじゃない!」と日々悶々とするようでは、仕事へのモチベーションは湧かないでしょう。そんな状態では仕事ができないのは当然です。

自分が本当にやりたいことは何なのか、もう一度考え直してみましょう。その結果、今やっていることと違うことがやりたいのだとわかったら、ためらわずに転職を検討しましょう。

ただしその際に注意すべき点として、本当にそこに転職すれば自分のやりたいことができるのか、転職先の仕事内容の実態について慎重に調べる必要があります。そうは言っても、今の仕事もあるなかで、自力で調査するのには時間にも情報収集力にも限界があります。

そんな時は、転職エージェントを活用しましょう!豊富な募集案件や数多くの経験・実績から、手っ取り早く確かな情報を得ることができます。あなたのやりたいことにしっかりマッチした仕事を見つけられるでしょう。記事の末尾におすすめのサービスへのリンクがあります。

上司や先輩、同僚との相性が悪い場合

あなたの仕事ができないのは、上司の指導方法に問題があったり、一緒に働く先輩・同僚との相性がよくなかったり、社風・企業文化が合わなかったりして、仕事がやりずらくて実力が発揮できなくなっている可能性があります。

世の中にはいろいろな会社があり、上下関係がしっかりした会社があればフランクな会社もありますし、アットホームで人間関係が濃い会社があれば仕事とプライベートをきっぱり切り分ける会社があります。入社以来、今の会社の内部事情しかよく知らないという方は一度、転職エージェントを通して他の会社のことを調べてみるのはいかがでしょうか。

また、人間関係は巡りあわせ、運も切り離せません。現状はたまたま縁に恵まれなかったのだとしたら、転職活動を通して良い出会いに期待してみてはどうでしょうか。

仕事のタイプが合わない場合

色々な会社があるのと同様に、世の中には色々な人がいます。人と話してつながりを作るのが得意な人がいれば、もくもくと緻密な作業をこなせる人もいます。それぞれ得意・不得意があり、みんなで互いの足りないところを補い合って生きているのですから、自分の得意なところを生かせるような仕事に就けばいいのです。

今の仕事の内容が自分の適性に合わないとわかったら、自分に得意な仕事内容のところに転職するのは有力な選択肢です。実際に、前の職場ではミスばかりして怒られてばかりだった人が職を変えたところ、今までのことが嘘のようにうまくいって大活躍するという例もあります。

転職エージェントに登録すれば、非公開求人も含めてたくさんの仕事があります。このなかにはきっとあなたに合った仕事があるはずです。一度覗いてみましょう。

うつや発達障害も要チェック

「仕事ができない」と悩んでいる場合、「自分は大丈夫」という先入観をもたずに、うつや発達障害を疑ってみるのも大事です。これらを早期発見できれば、自分自身に対する理解を深め、よりよい働き方につながるはずです。以下の記事もチェックしてみましょう。

仕事ができないのはうつ病のせいかもと疑っている人 仕事ができないのはうつ病のせい?危険な兆候と対処法 仕事ができない人が自分は発達障害かもと考えている様子 仕事できない人が疑うべき「大人の発達障害」

仕事ができないからやめたいときはケース別に分析!

いかがでしたか。一口に「仕事ができないからやめたい」といっても、その原因や対策には本当にいろいろなパターンが考えられることがわかっていただけたでしょうか。「仕事をやめたい」のは必ずしも逃げとは限りません。あなた自身にとって最善の判断ができるよう、選択肢は広く持っておきたいものですね。

そのためには、場合によっては転職を検討するのは大変有効です。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。プロの担当者からカウンセリングやサポートが受けられる上、転職サイトに掲載されない非公開求人を紹介してもらえます。

特に、DODAエージェントサービスは国内最大手の転職エージェントで、登録は無料で専属のキャリアアドバイザーがあなたをサポートするのでおすすめです。詳しくは以下リンクをご覧ください。

DODAエージェントサービス |転職ならDODA(デューダ)

あなたの仕事生活が幸せなものになることを願っています。

コメントを残す