仕事ができない人の特徴と改善方法を知ろう!

仕事ができない人には、必ず共通する特徴があります。その特徴と、どうすれば改善できるかを説明します。

どうすれば仕事ができるようになるんだろう…

仕事ができない人

できないさん

これを読んだらあなたも仕事ができる人になれます!一緒に見ていきましょう!

仕事ができない人の特徴と改善方法

メモを取らない

事あるごとにメモを取ろう

仕事ができない人がまず最初にやるべきことは、「メモを取る」ことです。どこへ行くときも常にノートとペンを携帯してください。

指示や説明を受けたとき、何か失敗をしたとき、気づきを得られたとき、心に残る言葉を受け取ったとき、どんどんメモを取っていきましょう

メモを取るのがうまくなるだけでも、仕事ができる人に相当近づくことができます。

メモは検索したり見直したりする

取ったメモは、いつ取ったのか、どんな性質のメモなのか、整理して検索できるようにしておきましょう

必要な情報を引き出してくるだけでなく、以前やってしまった失敗を思い出して再発を防いだり、周囲からもらった言葉や自分の気付きを反復して吸収していくのに使えます。

また、定期的にパラパラと昔のノートを見るようにすると、自分の成長がわかって自信につながります。

失敗を他人のせいにする

「でも、」と言い訳しない

何か失敗したときに、それを他人や環境のせいにしていないでしょうか。「でも、」が口癖になっていて、すぐに何かしら言い訳してしまう人がいます。

ではあなたの周りの「仕事ができる人」はどうして仕事ができるのでしょうか。その人の周囲の人だけなぜか失敗しないのでしょうか。その人の環境だけ有利になっているのでしょうか。

いいえ、同じメンバーと働き、同じ環境で仕事をしているはずです。実はその人はちゃんと何かしら失敗を防ぐために自分で動いているんです。

自分に原因があると考える

自分が失敗をしたら、必ずそれは自分に原因があったと考えるようにすると、成長することができます。言い訳することは、その機会を逃すというもったいないことです。

実際、仮に他人や環境が自分の都合の悪いような挙動をしたとしても、あなたにも何かできることがあったはずです。他人は完璧ではありませんし、環境にも運というものがあります。しかし、それに左右されずに結果を出せるようになるには、自分が何とかするしかないわけです。

自分でできる努力もありますし、もちろん、周囲に働きかけるのもありです。そうやって改善方法を考えるようにすれば、確実に成長していけるのです。

言われたことしかやらない

仕事の目的を意識する

やるように指示されたことしかやらない「指示待ち」の人がいますが、これではチームの一員としては半人前です。上司が1から10までベストタイミングで指示をだしてくれるとは限りませんし、あなたの任務とは「自分のタスクを機械的に消化すること」ではなく「チームの目的を達成すること」だからです。

自分がやっている仕事の目的を意識しましょう。「これで結局何を成し遂げたいのか」を考えると、もっといい方法が浮かんできたり、他にもやったほうが良さそうなことに気づくはずです。

これは社内だけでなく、顧客相手にも同じことが言えます。相手の注文だけを文字通りこなすだけでなく、「何のためにこの人はこの依頼をしてきたのだろう」と考えると、相手の立場に立った気の利いた提案ができるようになります。

「どうすればいいですか?」より「○○しようと思うのですが」

より良いやり方や、他に自分がやるべきことに気付いたら、「○○するのはどうでしょうか。○○しようと思いますが、いかがですか」と上司や顧客に相談しましょう。自己判断で勝手に進めるのはミスのもとです。

何の考えもなしに「どうすればいいですか?」と指示を仰いでばかりの人がいますが、こうして改善案や必要なタスクを提案していった方が、チーム全体の仕事がよりスムーズに回るようになります。

報連相ができていない

報連相とは、報告・連絡・相談のことで、仕事をする上で基本となる3つのアクションです。仕事ができない人は、これがおろそかになっていることが多いです。

以前指摘された経験があるのでしたら、自分が思うより、意識的に多めにしてみましょう。「そろそろ報連相したほうがいいかな?」とこまめに自問するのです。

上司にダメだしされるのが怖くて話しかけたくない、という人がいるかもしれません。しかし、あなたの目的は「上司に叱られないこと」ではなく「仕事を成功させること」なのですから、上司を恐れずに報連相しにいきましょう。

全部一人でやろうとする

周囲に協力してもらわないのは非効率

仕事には一人でできないこともあります。むしろその方が多いかもしれません。そんな時は、周囲の人に協力を仰ぎましょう。自分が詰まっているところを教えてもらったり、抱えすぎた作業を手分けしたりするのです。その方が仕事をスムーズに終わらせられて、あなたは次の仕事に移れるわけですから、チーム全体の効率にもつながります。

手遅れにならないうちに頼る

仕事が手に負えないときは、早めにSOSを出して周囲を頼りましょう。大きなミスをしたり期日を過ぎたりして取り返しのつかないことになる前に、助けを求めてください。これは決して無責任なことではありません。仕事をため込んでパンクさせてしまう方が、よほど責任感がありません。

わからないことを人に聞かない

「わかりました」が口癖の人は要注意

上司や顧客の話に、流れで「わかりました」と言ってしまっていませんか?本当に理解しているわけでないのに、話を止めて相手に怒られるのが怖くて「わかりました」と答えてしまい、相手の意図と違う作業をどんどん進めてしまったり、やることがよくわからないまま作業することで効率が悪くなってしまいます。

一度、自分の頭で整理して、確認しよう

「わかりました」と言う前に、指示内容をしっかり自分の頭で咀嚼するようにしましょう。そのうえで「これこれこういうことですね。」と自分の理解が正しいのか確認するのも有効です。そして、よく理解できていないことはためらわずに質問するようにしましょう。

計画性がない

スケジュールを作ろう

気が付いたら仕事の期限が迫っていたり、あれこれとやるべきことが浮かんでいつも慌てていませんか。また、その結果だらだら残業することが当たり前になっていないでしょうか。

複数の仕事を同時に抱えたときは、仕事ごとに期日を把握して、必要な時間を見積もり、優先順位をつけることが大事です。そのうえで、一日のスケジュールを組んで、この時間はこのタスクをやる、と決めるのです。そうすれば、行き当たりばったりに慌てることはありません。

バッファータイムを確保する

また、バッファータイムを設けるのも有効です。仕事が時間通りに進むとは限りませんし、予定外の仕事が発生することもあります。そんな時のために、予備の時間を確保して、スケジュールに余裕を持たせておくのです。

仕事ができない人はこれらの特徴と改善方法を知って、実践しましょう!

以上が、仕事ができない人に共通する特徴と改善方法です。「仕事ができない」と思っている人は、これらのことに気を付けて仕事するようにしましょう。最初からすべてきちんとこなすのは難しいですが、意識的に練習するようにしましょう。

一日が終わったら、このチェックリストを見直して、「これはできたけど、これはできなかった」とか「あの時こうすることもできた」とか、振り返ってみましょう。それはもちろん毎日メモに残すのです。

これらがすべて身についたときには、あなたは「仕事ができる人」になっているはずです。頑張りましょう!

うおお…頑張るぞ!

仕事ができない人

できないさん

その調子ですよー!

コメントを残す