仕事ができないのはうつ病のせい?危険な兆候と対処法

仕事ができないのはうつ病のせいかもと疑っている人

あなたは最近、仕事をしているときに「集中力が続かない」「考えがまとまらない」「ボーっとしてしまう」ことはないですか?それはうつ病のサインかもしれません。

近年では、過労や、職場でのストレスが原因となって発生するうつ病が増えて、話題となっています。うつ病は、れっきとした労災として認められるくらい、働く人にとって切っても切り離せない、決して他人事とは言えない病気なのです。今回は、「最近、どうも仕事ができない」と感じる人のために、うつ病の危険な兆候や、あなたがうつ病なのかどうかを見分けるチェック方法自分がうつ病かもしれないときにどうしたらよいのかをご紹介します。

うつ病で仕事ができないってどういうこと?

うつ病の恐ろしさ

うつ病とは、種々のストレスや、ホルモンバランスの乱れ、精神障害などのさまざまな原因から、脳内物質の分泌の異常が発生し、気分の落ち込みや不眠、食欲不振、疲労感などの症状が発生する病気です。

うつ病の兆候は休日にあり

うつ病の初期は、帰宅後や休日に変化が出ることが多いようです。仕事はいつも通りバリバリできるのに、家に帰ってくると糸が切れたように何もやる気が起きず、休日も家で何もできず、ボーっとしたまま過ごしてしまう、という状態になってしまいます。好きだった趣味や外出をする気が起きないどころか、次第に、掃除・洗濯・炊事といった生活に必要な家事さえできなくなり、ご飯もおいしくない、寝ようとしても寝付けない、眠りが浅い、といった症状が出てきます。

うつ病が進むと仕事もできなくなる

もちろん、症状が進行すると仕事のほうにも変化が出てきます。集中力がなくなり、ボーっとすることが増えてきます。また、判断力・決断力が鈍ってくるため、なかなか考えをまとめることができなくなります。また、動作が遅くなったり口数が減ってきて、力を振り絞らないと話したり動いたりできなくなってきます。睡眠不足や栄養不足も相まって、仕事を続けるのが難しくなります。最終的には、朝布団から起き上がる気力すらなくなって、出社することがままならなくなることもあります。

自殺する可能性もある

うつ病が続いているときに恐ろしいのは、本人が元々どんなに明るい性格で、幸せな人生を送ってきたかにかかわらず、自殺念慮といって、自殺したい気持ちが湧き上がってくることがあることです。これを経験した患者さんは、「自分なんかいても意味がない」「死んでしまえば苦痛から解放される」といった考えが浮かぶようになるといいます。よく駅のホームから電車に飛び込む会社員が出てニュースになっていますが、あなたも正常な判断ができなくなり、彼らと同じようになってしまう可能性があるのです。

うつ病になりやすいのはどんな人?

うつ病の怖さをわかっていただけたでしょうか。では、どんな人がうつ病になりやすいのでしょうか。

真面目過ぎる人やプライドが高い人

真面目で責任感が強く、自分がしっかりしなきゃいけない、頑張らなきゃいけないと思ってしまうような人がうつ病になりやすいようです。他人に仕事を任せることが苦手だったり、周囲からの期待を受けて、それに応えようと、弱音を吐かずに頑張りすぎてしまうような人は要注意です。また、プライドが高く、できない奴だと思われたくない、何でできないんだろう、と、現在の自分に肯定感を持てず、他人の評価を気にしたり、過度に自分を責めてしまうような人も危険です。

逆に、ほどほどでいいや、これくらいでいいやと適度に仕事に妥協することができたり、周囲にうまく頼ることができる人や、今の自分をある程度許すことのできる人は、比較的なりにくいといえるでしょう。

生理や妊娠・出産、更年期障害の影響を受けた女性

「PMS(月経前症候群)」や「産後うつ」という言葉をご存じでしょうか。女性は月経や妊娠・出産、閉経による更年期障害などがあり、男性に比べてホルモンバランスの変動が激しくなります。また、男性に比べて、結婚や子育て、子供の独立にともなう生活の変化が大きいため、それがストレスとなることもあります。これらの理由から女性はうつを発症しやすいといわれています。

発達障害や統合失調症など、精神疾患を抱えた人

精神疾患のある人は、成長過程で対人的、社会的に苦労することが多く、身を置く環境によっては、周囲の人間との間にトラブルが起きたり、いじめや嫌がらせを受けたりと、つらい経験をすることがあります。もちろん、仕事上でミスをしたり、それを叱られることが多くて、そのことを重く受け止めることもあります。そういった失敗体験や、それに伴う自己肯定感の低さが、精神疾患がある人がうつ病を発症しやすい原因ではないかといわれています。

実際、例えばアメリカで行われたある研究によれば、一般的な男女のうつ病有病率が2.9%であるのに対して、ADHD患者の場合は18.3%と、飛び抜けて高いことが指摘されています。

自分がうつ病かどうか知る方法

自分が今どの程度抑うつ状態にあるのか、自分で簡単に知ることができるチェックリストがあります。特に有名で、医療機関や研究機関でも症状の評価に広く用いられているものを2つご紹介します。どちらのテストも、以下のページからポチポチ選択肢を選んでいくだけで、時間はかかりませんのでぜひ一度やってみてください。

QIDS-J(簡易抑うつ症状尺度)

このテストで6点以上なら軽度の抑うつ状態と判定されます。11点以上で中程度、16点以上なら重度、21点以上ならきわめて重度とされています。

うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J) | こころのスキルアップ・トレーニング

CES-D(抑うつ状態自己評価尺度)

このテストで16点以上なら抑うつ傾向にあると判定されます。

東京医科歯科大学 保健衛生学科 CES-D セルフチェック

うつ病で仕事できないときの対処法

今までの内容を読んで、自分がうつ病かもしれない、と思った場合、どうすればよいのかを説明します。

4.1 医療機関に行く

まずはうつ病を専門としている精神科・心療内科に行って相談しましょう。医療機関によっては、仕事帰りに立ち寄れるよう、18時-22時くらいの夜間も空いている場所もありますし、予約制のところを選べば、待合室で何時間も待たされるようなことはありません。

受診すると、どういう経緯でどういう症状に悩んでいるのかを聞かれるのと合わせて、前章で扱ったようないくつかの質問をされるでしょう。それをもとに治療方針を決めることになります。もちろん、本人と医師との十分な話し合いのうえで、本人の意思を尊重してくれるところが多いようです。

4.2 薬を飲む

現在では、うつ病の治療の際、薬物療法としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)という薬が用いられることが一般的です。これらは、以前使われていた三環系抗うつ薬に比べて副作用が少なく、安全に使用できるといわれています。前者2つは服用を開始してから効果が出るまでに数週間かかる特徴があり、それまでの間、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が補助的に用いられることもあります。

これら抗うつ薬の副作用はゼロではなく、日中に眠気が出たり、睡眠が浅くなったり、食欲が変化したり、ボーっとしたりすることがあります。また、離脱症状といって、薬の服用を突然やめてしまうと、頭痛や震えなどの症状が出ることが知られています。しかし、医師の指示に従い、用法・用量を守っていれば、このようなことはまず起こりませんから、依存性の強い麻薬などとは全くの別物と考えて下さい。

4.3 認知行動療法を受ける

最近では、薬物療法だけでなく、自分の考え方や物の見方の癖を知って改善したり(認知)、そうした新しい考え方を実践するトレーニングを行う(行動)ことでうつ病の治療を試みるという、認知行動療法を受けられる医療機関もあります。

これを受けると、例えば「ゼロかイチか」で物事を考えてしまう癖や、ささいな失敗をとても重大なことと受け止めてしまう癖など、うつ病につながりやすい物事の認知の仕方を学び、代わりにどんな考え方ができるのかを知ることができます。また、実際に仕事や日常生活でよくあるシーンを想定して、こういうケースだったらいつもの自分はこう考えてこう発言するけれど、別の考え方や行動もありうる、という練習を日々のワークを通して実践することができます。

4.4 会社を休んでゆっくり休養を取る

うつ病の治療のためには、原因となっているストレスから離れて、ゆっくり心と体を休めることが大切です。そのために、休職を勧める医療機関も多いようです。一番いけないのは「こんなところで怠けているなんて、自分は何てダメなんだ」と思ったり、無理を押してまで仕事を続けてしまうことです。焦るあまり中途半端な状態で復職して、すぐに症状が元通りになってしまうケースもよくあります。自分の努力の問題ではなく、れっきとした病気なんだと思って、堂々と治療に専念してください

治療には、日々の生活リズムを整え、日光を浴びることや、栄養バランスの整った食事をすることが大切だといわれています。今まで遅くまで残業したり、食事を適当に済ませていたような人は、この機会に生活習慣を改めましょう。

仕事ができないのはうつ病かもと思ったら、まずは医療機関へ!

いかがでしたか。最近仕事の調子がおかしいなと思ったら、うつ病を他人事と思わずに、医療機関に相談してみることをおすすめします。取り返しのつかないことになる前に、そして、何よりあなたにとって幸せな人生をつかむために、早めに行動しましょう。

コメントを残す